音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

スポンサーリンク
音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

【音楽史対策】中世の音楽について

西洋音楽の大きな特徴は、教会と世俗それぞれで発展して言いたことであり、違いが独自の展開を見せはじめたのが中世の時代だと言われています。教会音楽と世俗音楽、それぞれの特徴を理解した上で、歴史的な成り立ちを覚えていきましょう。
音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

【音楽史対策】ロマン主義音楽のはじまりについて

この時代に入ると、皆さんが知っている作曲が続々と登場し、勉強もやりやすくなると思います。ロマン主義のポイントは市民社会の誕生によってどのような音楽が作られていったのかを抑えていけば、新しく出てくる様式もイメージしやすくなりますよ。
音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

【音楽史対策】ルネサンスの音楽について

作曲家も様式も馴染みがなく分かりにくい!カタカナが覚えにくい!そんな悩みが多いのがルネサンス期だと思います。順を追って覚えるよりは、まずそれぞれの楽派について、いつ・どこで・どのような音楽が展開されたのかを覚えた上で時代を並べていくと理解しやすいですよ。
音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

【音楽史対策】古典派の音楽について

音楽高校・大学音楽史試験、大学院受験対策第3弾目は、古典派の音楽について解説していきます。古典派以降は皆さんが知っている作曲家が続々と出てきます。まずは、時代の流れをしっかりとらえた上で、作曲家の功績を見ていけば覚えやすいですよ。
音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

【音楽史対策】バロック時代の器楽について

音楽高校・大学音楽史試験、大学院受験対策第2弾目は、バロック時代における器楽の発展について解説していきます。宗教音楽を始め、様々な楽曲の様式が出てくるのがバロック時代です。まず音楽の種類・様式の定義を理解した上で歴史的変遷を追っていけば理解しやすくなります。
音高・音大音楽史試験・大学院受験対策情報

【音楽史対策】バロック時代のオペラについて

音楽高校・大学音楽史試験、大学院受験対策第1弾目は、バロック時代におけるオペラについて解説していきます。バロック時代は覚えることが多いですが、要所要所で押さえていけば理解することができます。オペラ史は受験でもよく出題されるのでしっかり理解していきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました